Ghost of CASSIS
   音楽と生活、その他もろもろ
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

浅見

Author:浅見
菅原啓介&とんとん丸ではパーカッション担当。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 夏が来れば思い出す2
夏限定連載ということで、夏が来れば思い出す曲について。その2です。
暑いうち、思い出す限り書いてみようかと。

今回は、真心ブラザーズの「サマーヌード」。
1995年6月21日発売のシングルでした。
1997年には「ENDLESS SUMMER NUDE」というアレンジ違いで再録音したシングルも出てます。まだこの頃は、8センチCDで短冊形のジャケットが主流でしたね。
更に99年には「SUMMER NUDE 999 REMIX」というリミックス盤まで出ているという。
どんだけひっぱるねん。と思ったりもしますが、名曲はいろいろしたくなるものなのでしょうか。そうかもしれない。
「ENDLESS SUMMER NUDE」も好きなのですが、あの頃のきらめきを(?)ということで

「サマーヌード」真心ブラザーズ


当時は中学生で、今思うと歌詞の内容はあまり分かっていませんでした。
ただ片思いをして「切ない」という感情は、ありましたので、それと夏の思い出を勝手に重ねて浸っていました。

20代も半ばを過ぎた夏のある日に、ひとりでコンビニをうろうろしてたらふいにこの曲が流れてきて、固まってしまったことがあります。
そして帰って改めて聴いたら、あの頃よりもっと痛くてしみました…

夏のよくある情景を切り取った歌詞に、覚えがありすぎて、なさすぎて、とりあえず切なくて、まともに聴けないような…でも聴いてしまうという。

うーん。夏は無駄に感傷的になっていけません。
ひとまず、今回はこの辺で。
スポンサーサイト

テーマ:プロモーションビデオ - ジャンル:音楽

音楽の話 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/08/01(金) 15:15)

<<塀の上で | ホーム | カシスビール>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://onecoil.blog123.fc2.com/tb.php/43-031348d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 Ghost of CASSIS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。